読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

なんで不安なんだろう?

 なんで不安なんだろう?

 

 毎日毎日心配で、怖くてたまらない。平日も休日も。

 

 平日は次の日に怯え、休日は休み明けの仕事に怯える。

 

 会社に行くのが不安。

 

 個人的な先のことを考えても不安になる。

 

 母親がこの世界から居なくなってしまったら?

 

 その時私は?

 

 耐えられるかな?

 

 いつか人は居なくなってしまう。

 

 順番があるっていうのもわかる。

 

 でも残されるのは嫌だ。独りになるのは嫌だ。

 

 母親よりは先に死なない。これは絶対だ。

 

 こんな私でもたくさんの愛情を貰った。

 

 だからこそ怖い。

 

 一番私を愛してくれた人が、この世界から居なくなってしまったら。

 

 マザコンだな(笑)

 

 でも母親がいるから、だから踏みとどまってる感がある。

 

 母親には辛い思いはさせられない。

 

 二度と悲しい思いはさせられない。

 

 なるべく残りの人生を幸せに過ごしてもらいたい。

 

 だから私は絶対に母親より先に死ねない。

 

 苦労ばかりした母。

 

 たくさん辛い思いや悲しい思いをした母。

 

 そんな母が生きていて良かったと、たくさん苦労したけど幸せだったと、この世界から居なくなるときに思ってもらいたい。

 

 母が食べたい物は食べさせてあげたいし、行きたいところには連れて行ってあげたい。

 

 私ができることならなんだってしてやりたい。

 

 海外旅行?おいしいパンが食べたい?温泉?

 

 いいよ。何でも言って。

 

 ごめん、でも結婚は無理そうだ。

 

 ごめんね。

 

 結婚以外なら頑張るよ。

 

 ああでも怖い。やっぱり怖い。

 

 居なくなってしまったら。

 

 あーあ、居なくなった次の瞬間に、私も居なくなりたい。

 

 消えてしまいたい。

 

 私が生きてる理由は、母を悲しませないため。母をなるべく笑顔にさせることなのかもしれない。

 

 でも四六時中ずっと一緒にいるのも違う気がするし。

 

 毎日電話をかけるわけではない。

 

 毎週会いに行くわけでもない。

 

 なんだろう?

 

 わからないなあ。

 

 そんなに母親が大事なら、一緒に暮らせばいいのに。

 

 でもなんか違う。

 

 私は本当に大事に想ってるのかなあ?

 

 自己満足なのかなあ?

 

 自分を納得させるために?

 

 う~ん。

 

 ああでもなるべく母には笑顔でいてもらいたい。残りの人生を幸せに生きてもらいたい。悲しい思いや辛い思いはもうしないでほしい。

 

 これは私の本心だ。

 

 あれ?何言いたかったんだっけ?

 

 まあいいや。とにかく、この不安感をなんとかしたい。

 

 不安なんだ。

 

 どうしたら不安な気持ちってなくなるんだろうね?

 

 仕事が怖い。人が怖い。

 

 人が怖いから仕事が怖い。

 

 ロボットと働きたい。

 

 独りは怖いなあ。

 

 心を許せる人が欲しい。そう言ったら大袈裟かな?

 

 なんか警戒しないで、壁を作らないで、気軽におはようって言える仲間が欲しい。

 

 私でも話しかけていいんだって思える仲間が欲しい。

 

 安心して一緒にいられる仲間が欲しい。

 

 あれ?わがままかな?

 

 安心したいなあ。