読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

「そんなことないよ。〇〇〇ちゃんは優しい。」

 ネガティブなことを言ったって、ここでグチグチ言ったって、私の生きる毎日は何も変わらない。会社には行きたくないし、居心地も悪い。昨日の件もあるし。

 

 「私がやったんじゃない。」

 

 声を大にして言い回りたい。でもそんなことしたって‥。

 

 自分のミスじゃない。他人のミスだ。他人のミスで自分が窮地に立たされる。よくあることなんだけど、やっぱり噛み砕けない。

「私がやったんじゃない。」ってみんなに言いたい。声を特大にして館内放送で言いたい。

 

 狭い。心が狭い。情けない。そんなに自分がかわいいか?

 

 「自分を守るためにならなんだってしたんだよ。」

 

 私が好きな曲の歌詞にあった。

 

 「仲間を裏切っても目を伏せて生き延びている。」

 

 ちょっと思い出した。

 

 でも私はこの曲を作った人みたいな綺麗な心は持っていない。何も知らないけど、この曲を作った人は心が綺麗な人だと思う。

 

 私お腹がブラックなの。

 

 そう、腹黒いってやつ。

 

 「そんなことないよ。〇〇〇ちゃんは優しい。」

 

 ふん、ヘドロがでる。

 

 勝手にそう思っていればいいさ。それにその発言、あなたたちは意味もなく言ってるんだ。機械的に、そう何も考えず。

 

 とりあえずそう言っとけみたいな?

 

 でもいいの。私だってそう言われるのを待ってるんだから。期待してるんだから。

 

 

 「そんなことないよ。〇〇〇ちゃんは優しい。」

 

 これでお互い様だ。

 

 あれだね、私はいやらしい人間ですっていうパターンだね。

 

 太宰系?太宰治系?

 

 いやらしいわー。