読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

自分の人生について考えてみる。その一。

 ちゃんと人生と向き合わないと駄目かも。今更ながら。目的?ゴール?がしっかり定まっていないと、大きく回り道を通ってしまう。大きく回り道?うん、遠回りね。

 

 まあ遠回りすることで発見することもあるかもしれないのだけど、私は最短ルートで行きたい。結果がすぐ欲しい。効果がすぐ欲しい。じゃないと続かない。続けられない。私は辛抱強くないから。心が折れるから。

 

 最短距離で行けるためにちゃんと考えよう。自分の人生について向き合おう。

 

 遅いね。

 

 今更。そう、今更。そんなのもうとっくに考えて行動してなきゃいけない年齢だ。今更そんなこと言うなんてみっともない。

 

 でもしょうがない。今まで向き合ってこなかったんだから。逃げて先延ばしばかりしていたんだから。

 

 遅いけど、向き合おう。

 

 私の人生どう生きるか?

 

 人生の目標。そんなものはない。ないというか、存在しないというか、なくてもいいものというか。

 

 自分で決めるもの。というか決めてもいいし決めなくてもいいし。強制するものではない。

 

 でも何かを決めたほうが生きやすいかもしれない。

 

 信じたほうが生きやすい。神様でも、宗教でも、何でも。

 

 すがるものがあったほうが生きやすい。言い方が悪いか?

 

 どうせ生きるなら‥どういう人生がいいか?

 

 私は幸せな人生を過ごしたい。

 

 じゃあ私にとっての幸せとは?

 

 最低限、衣食住に困らないこと。これ大前提。食べるものに困らない、好きなものが食べられる。人並みの格好ができること。ゴキブリや虫が出なくて、ちゃんと雨風が防げる家に住める。それほど広くなくても小奇麗な部屋に住めればいい。これは大前提だね。私が幸せに生きるための。

 

 今現在の私。

 

 そうだね、衣食住に関してはクリアだ。おおむね満足。不満はない。これがキープできるなら問題なし。細かいことなら色々あるけど、合格点は与えられる。

 

 第一段階はクリア。

 

 次はなんだ?

 

 日々の暮らし?うーん?朝起きて会社に行って仕事をする。帰ってきて、寝て、また朝を迎える。その繰り返し。

 

 生きていくうえで切っても切れないもの。労働。

 

 働かないとお金が貰えない。お金がないと衣食住に困る。私の幸せのためにはお金は必要。絶対に必要。

 

 働かなければならない現実。

 

 今の私の現状。

 

 派遣会社の正社員。「正社員」といっても名前ばかりの「正社員」。実際のところは派遣社員と変わらない。少なくとも私はそう思ってる。自分が「正社員」だなんて思ったことはないし、周りからも「派遣の人」というふうにしか見られない。

 

 今の私の正直な気持ちをまとめる。

 

 収入については不満はない。そりゃあたくさん貰えるなら越したことはないけど、今の収入で満足。まあ退職金もないし、ボーナスもボーナスなんていえるものではないけど。それでもまあいいよ。まあいい。じゅうぶん暮らしていける。

 

 ただ‥。世間体が気になる。それが本音。くだらないと思うけど、世間体が気になる。

 

 「派遣社員」であるということに。自分の心に嘘はつけない。やっぱり負い目を感じる。

 

 「何の仕事をやってるの?」

 

 その質問が怖い。

 

 「派遣の仕事をしています。」

 

 相手にどう思われるか。「派遣」という言葉が出たときにどういう印象をもたれるか?それが怖い。

 

 「いい歳して派遣?」「将来どうするの?」「正社員にならないの?」「結婚できないよ?」「いつまで派遣でいるの?」

 

 怖い怖い怖い。

 

 コンプレックス?負い目?劣等感?恥ずかしい気持ち?なんて言うの?なんかわかんないけど、とにかく居た堪れなくなる。

 

 好きな人にも好きって言えない。付き合ってください、なんて言えない。

 

 言えない言えない言えない。

 

 圧倒的負い目。

 

 嘘はつかない。私は世間の目が怖い。派遣社員ということに負い目を感じている。

 

 嘘はつかない。

 

 いったん更新するかな。

 

 アシュトレイ たばこの灰皿のこと。耐熱性のあるフェノール系の樹脂で作られているのが普通。

 

 灰皿ね。日本語で言えや(笑)

 

 さて、腹筋腹筋。みんな腹筋しようぜ。