読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

ねずみの恩返しはなかった(笑)

 「楽しいことは創ればいいよ。」

 

 こんなフレーズがあったな。初めて聞いたときは「おお~♪」ってなったっけ。なんかお洒落だなあって。

 

 「楽しいことが創れない。」

 

 楽しいことが創れない。創れなくなってしまった。楽しいと思えないし、楽しいことがほとんどない。

 

 ワクワクしない。そして、

 

 「楽しいことを創るのがめんどくさい。」

 

 「はじめから完成したものを頂戴。」

 

 そう思うようになってしまった。

 

 いまじゃあカップラーメンを作ることさえめんどくさい。出来上がったものを頂戴。後は食べるだけに。盛り付けまでやって頂戴。

 

 わがままお嬢様みたいになってしまった。

 

 お嬢様だったら良かったのに、現実は‥。

 

 隣の住人がうるさい。笑い声が気に障る。

 

 イライラしてるね、私。心がどんどん狭くなってる。

 

 何とかしないと、何とかしないと。

 

 本当に焦っているの?

 

 駄目だ、追い込まれないと駄目だ。危機感がない。

 

 楽しむ才能がない。

 

 楽しむことができない。楽しいことがない。

 

 ただイライラして、ただ退屈で、ただ不安で、ただ孤独。

 

 なんじゃこりゃ?

 

 生きてる意味がない。生きていたくない。でも死ぬのは怖い。

 

 何?タケコプター?

 

 いったいどんな会話してんだよ?隣の住人は。

 

 ああ隣に住んでるのがトトロだったらなあ。

 

 猫バスに乗せてもらうのに。

 

 猫バス気持ちよさそうだなあ。きっとフカフカだよね?

 

 「やーい♪おまえんち、おっ化けやーしき!」

 

 かんたぁーーーーーー!

 

 昔私が住んでいたうちも、お化け屋敷みたいだった。まっくろクロスケはいなかったけど、ネズミが住んでいた。

 

 夜になるとドタドタ走り回ってたなあ。掃除機のホースとか噛み切られてたなあ。ゴミ箱にポテトチップス捨てたら、夜中に食べてたなあ。

 

 ねずみ取りの罠に引っかかったこともあった。あの頃の私はまだ純粋だったから、捕まったネズミがかわいそうで泣いてしまった。

 

 母親がねずみを逃がしてあげたっけ。凄い速さで家の外から飛び出していった。あのねずみはあの後どこに行ったのかなあ?

 

 ねずみの恩返しはなかった(笑)

 

 父親が釣ってきた魚を見ては泣いて、夏休みが終わり、おばあちゃんやおばさんと離れるのに泣いて、学校で泣いて、とにかく泣いて、泣いて泣いての子供時代だったなあ。

 

 今?

 

 

 血も涙もねぇよ?