読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

小学校時代の私、6年間で給食を全部食べれた日は一日もない。

 そこまでの勇気はないのよ、そこまでの勇気は。それを勇気と言っていいものなのかは知らない。

 

 世間体を完全に捨てること、そんなことはできない。私にはできない。少数派になる勇気はない。多数決はいつだって正しい。そうでしょう?

 

 小学生だって知ってる。多数決は正しい、絶対だ。あの小学生時代の学級会、多数決の力、その破壊力はすざましい。

 

 恐るべき数の力。

 

 中国最強!

 

 ここは日本、中国ではない。でも多数決最強!

 

 少数派は勝てない。絶対に負ける。

 

 でも私がなりたいのは少数派。私の本音は少数派。

 

 少数派は生きにくい。だから多数派に付く。本音は少数派、建前だけの行動で多数派に付く。

 

 そこで感じる。

 

 居心地の悪さ、違和感。

 

 ああ‥ここは私の居場所じゃない。

 

 

 小学校の頃って、先生が最強だったんだ。私の中で。

 

 先生は絶対に正しい!先生の言ったことは守らないと駄目!先生の言ったことが全て!

 

 そんな感じ。

 

 先生の力は脅威だった。絶対神!先生!

 

 もちろん今は違うけどね。

 

 嫌いな先生、もっとも恐れた先生。

 

 

 給食を必ず全部食べさせる先生。食べ終わるまで終わらない給食タイム。昼休みまでの延長戦。

 

 

 その先生が担任だったら、私は不登校になっていたと思う。

 

 小学校時代の私、6年間で給食を全部食べれた日は一日もない。