読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

馬鹿でも独りでも幸せになる方法を教えてくれ。

 今日も仕事に行ってきた。明日も仕事、明後日も仕事、明々後日も仕事。仕事、仕事、仕事、仕事。

 

 働くために生きてるの?とはよく言ったものだ。

 

 そう私は働くために生きてる。きっとそうだ。じゃなきゃこんなに働かないもん♪

 

 こつこつ頑張れる人が羨ましい。こつこつ努力できる人が羨ましい。

 

 全然頑張らない人が羨ましい。全然努力しない人が羨ましい。

 

 友達や恋人がいる人が羨ましい。

 

 完全なる孤独な人が羨ましい。

 

 他人ばかりが素敵に見えるんだぜ?

 

 他人とばかり比べて生きてるんだぜ?

 

 

 私も誰かから見れば羨ましく見えるのかなあ?

 

 そんなわけないでしょう?

 

 派遣社員で友達も恋人もいなくて先の見えない人間、そんな人間を羨ましいと思う奴なんていない。

 

 私は何が一番不満なんだろう?

 

 派遣社員であること?友達がいないこと?恋人がいないこと?自分が無能なこと?

 

 何が一番欲しい?

 

 お金?友達?恋人?能力?

 

 う~ん。

 

 愛された~い!

 

 そうだね、愛がほしいぜ♪

 

 愛があれば大丈夫!

 

 愛があれば歳の差なんて‥とはよく言ったもんだ。

 

 

 愛だの恋だの、そんなものは私には似合わないな。語るのも恥ずかしい。

 

 

 独りでも生きていけるようにしなくちゃ。

 

 やっぱりお金だね。

 

 ああ今まで人に貸したお金、全部帰ってこないかなあ?

 

 もう帰ってこないことはわかってるけど‥それでも悔しい。

 

 私は馬鹿だなあ。

 

 馬鹿は死んでもなおらない、とはよく言ったものだ。

 

 馬鹿でも独りでも幸せになる方法を教えてくれ。

 

 私だって人並みに幸せになりたいのさ。