読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで経ってもだめな人

変わりたいね。

伝言ゲームって覚えてる?昭和の人間ならわかるよね?

 不貞腐れても、あきらめても、誰も助けてはくれないよ?

 何も変わらないし、自分がますます惨めな気持ちになるだけあぢょ?

 

 あぢょ?

 

 だだだ大事なところで噛んだのー!

 

 どうもー!私だよー!

 夜寝るときは熊のぬいぐるみと一緒に寝るのー!

 マジなのー!本気って書いてうそなのー!

 

 

 そうなのそうなの不貞腐れても、いじけても、あきらめても、誰も助けてくれないのー!誰も同情なんてしないのー!

 

 貴様の自業自得だ!

 

 私はすぐ不貞腐れちゃう。すぐにあきらめちゃう。自分は悪くない、そう言って人のせいにする。

 

 かっこわるいったらありゃしない。ずいぶんクソみたいな大人になったもんだ。まだ間に合うかな?軌道修正できるかな?

 

 ふん、そんな気なんてないくせに。口だけなんだろう?

 ごもっともです。私口だけなのー!

 

 そういうポーズだけとってるんだろう?

 そうです。反省してまーすのポーズです。

 

 いつまでもそんなことを。

 

 やりたくないことっていっぱいあるけど、それをきちんとやることができれば、人生はだいぶいい方向に進んでいく。たぶんね。いかに自分がやりたくないことを着実にこなせるか、そこが勝負どころだ。

 

 私が嫌なこと。

 早起き。

 歯磨き。

 身体を洗うこと。

 眉毛、髭、鼻毛の処理。

 洗濯、掃除。

 ダイエット。

 仕事。

 通勤。

 お金の心配。

 両親の心配。

 将来の心配。

 手続き。

 飲み会。

 人付き合い。

 

 

 面倒なことは嫌いだ。疲れることは嫌いだ。誰だってそうだ。でもきちんとやる人はやる。やらない人はやらない。この日々の積み重ねが今の自分なんだ。

 

 ああつまらないこと言ってるな。全然おもしろくない。普通だ。ありきたりなことだ。こんなんじゃ私は動かない。やろうとしないよ。

 

 動かざること山の如し 。

 だれか私を動かしてみよ。

 

 

 

 

 

 やるきがねぇ。

 何もやるきがねぇ。

 明日も仕事、あさっても仕事。うんざりだ。

 お金のため。生活のため。

 お金なきゃご飯食べられないし、お金なきゃ家に住めないし。

 やっぱりお金が必要なんだ。お金のために働いてるんだ。

 お金ってすごいんだね。

 あんな紙切れで人は惑わされるんだ。

 よく成立してるよ。よく成立するようになったもんだ。

 紙切れで人は動く。

 

 

 誰もぶちギレナイのかなあ。

 

 「こんな紙くずがっ!」って。

 

 びりびり破いてポイって。

 

 

 

 その後私が全力で全部拾ってテープでくっつけるから。

 

 

 

 

 

 私、支配されてるなあ。

 

 

 人工知能が人間を支配するようになる。

 

 

 いやもうすでに紙切れに支配されてると思う。

 人工知能どころか、紙切れに。

 

 自分たちが作り出したものに支配されるなんて。

 怖いねー。

 

 核も人工知能も紙切れも。それを作り出した人間も。

 いや人間なんて怖くないか。脆いもんだよね。人間が一番脆くて弱い。

 

 なんてね。普通だ。普通すぎるな。意外性のかけらもない。何も切り込んじゃいねえ。よく言うような話。誰かが言ったような話。

 

 

 

 

 

人口知能 楽天市場

人口知能 Amazon.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分だけが取り残されたような感覚ってない?

 自分だけが別世界にいるみたいな感覚ってない?

 みんな幻っていうかさ、実在していないっていうかさ?

 自分ひとりだけが苦しくて、他の人はみんな楽しそうなの。

 そんなはずはないってことはわかってるんだけどね。頭では。

 頭ではわかってても「ホントかよっ!」って思っちゃうんだ。

 私だけなんじゃないかって?みんな本当にいるのって?

 

 

 ふっふっふ。伝われー!伝わるのじゃー!

 

 

 ねぇー伝言ゲームって知ってる?

 あるお題があって、それをどんどんどんどん次の人に伝えていくのー。

 

 例えば、最初のお題が

 「桃太郎は鬼退治に出かけました。子分には犬、猿、キジ、を連れて鬼ヶ島に行きました。」

 だったとするじゃん。

 

 それをどんどんどんどん次の人に伝えていって、一番正確に伝えられたチームが勝ちってゲームなの。

 

 

 最初は桃太郎が鬼退治に行くはずだったのに、それが金太郎に変わったり、連れて行く子分が犬から猫に変わったり、とにかく話が正確に伝わらないの。

 

 簡単そうなのにね。

 

 で、このゲームをやると必ず一人は悪ふざけをするやつが出てきて、「桃太郎が犬、猿、キジを連れてキャバクラに行った。」とか言うやつが出てくるわけ。

 

 私ですらキャバクラ行かないのにね。しかもよりによって犬、猿、キジを連れて。

 

 想像してごらん?キャバクラ店の中を。

 

 カオスでしょう?何の話するんだろうね?

 「そのはちまき、もしかしてロレックス?すごーい!」

 「もう酔っ払ったの?おしりが凄いまっかー!」

 「お手!」

 「インコ?」

 

 

 なんてカオスなんだ!

 でも楽しそうなのー!私も仲間にいれてほしーの!

 キジの奴かわいそうなのー!

 

 

 

 

 

 ねぇ。

 

 

 

 私が伝えたかったことわかった?

 

 

 じゃあ、

 

 

 

 あなたも

 

 

 

 

 次の人に

 

 

 

 伝えて。

 

 

 

 いくよ。

 

 

 「桃太郎は鬼退治に出かけました。子分には犬、猿、キジ、を連れてキャバクラに行きました。」

 

 

 ちゃんと次の誰かに正確に伝えるんだよ。

 くれぐれも間違わないでね‥。